そもそも、プレミア切手とはどんな切手? – 切手買取のススメ そもそも、プレミア切手とはどんな切手? |

プレミア切手, 切手の豆知識

そもそも、プレミア切手とはどんな切手?

プレミア切手について紹介する件


プレミア切手とは


今までプレミア切手について書いた記事をいくつかアップしましたが、そもそも「プレミア切手はどんな切手?」と問われれば、中々正確に答える事はできないのでしょうか?
「価値の高い切手」「珍しい切手」・・・じゃないか?というような感じで、「プレミア切手とは」というイメージは少々ふんわりとしているかと思います。ですので、今回は【プレミア切手とはどのような切手を指すか!】という事について紹介していきたいと思います!


mikaeribizin (引用:日本郵便「切手インサイド・ストーリー」)


プレミア切手とは非常に単純明快な定義がございます。

額面より高い価値で取引される切手

上記に該当する切手なら、記念切手・普通切手・外国切手・中国切手問わずプレミア切手と呼べます。

日本郵便「切手インサイド・ストーリー」より引用させていただきました上の画像には、切手趣味週間の「見返り美人」と「月に雁」という日本でも5本の指に入るほど知名度の高い切手がございますが、これらの切手は額面が「5円」「8円」であるのに対して、どちらも取引価格は1枚で「数千円以上」です。
だからこの二つの切手は「プレミア切手」に部類されるのです。

ありえない話ですが、例えば、見返り美人の価値が大暴落し取引価格が1円となったとします。この場合は額面「5円」に対して取引価格が「1円」なのでプレミア切手とは呼べなくなります。

たまーに勘違いされている方で「見返り美人=プレミア切手」と思い込んでいる方がいます。この認識自体は間違っていませんが、見返り美人は「記念切手(特殊切手)」に属する切手でありながら、価値が額面より高い事で「プレミア切手」とも呼べるというのが正しい認識ですよ♪

余談ですが、時代が古くなればなるほど希少価値が高くなるので切手の価値も高くなりやすいですが、昔になればなるほど切手の額面が「50銭」などに下がってきます。そういった切手は大体額面以上の価値がありますので、昔の切手であれば大体プレミア切手と呼べてしまいます。その為、単純に額面でプレミア切手と呼ばない方もいらっしゃったりしますので、そう考えるとプレミア切手の定義はかなり揺れていると言えますね。

プレミア切手のまとめ

色々と諸説もありますが、結局プレミア切手の定義は「額面より高い価値で取引される切手」というのが基本的な定義です。

人によっては違う認識を持っている方がいるかもしれませんが、そのへんは・・・・・臨機応変に対応していただければと思います(笑)

プレミア切手のなかには郵便切手として現在も普通に利用できる切手も数多くありますので、間違って使うと思わぬ損をするかもしれません!ですので、「プレミア切手かな?」と感じる珍しい切手があれば一度買取業者にでも査定依頼をしてみると良いかもしれません。そうする事で、簡単に切手の価値を教えてもらう事が可能ですので!


  • プレミア切手
  • プレミア切手とは
  • 記念切手
TOP